■ダイエット法

・お米を摂る

 ご飯を食べることが、ダイエットになります!知っていました?痩せるなら食べない方がいいんじゃないの?と思ってしまいますが、実際は逆なのです。当サイトで何度もお話をしていますが、お米を食べないということは脳に栄養が行き届かないということです。すると脳は栄養に変わるものを体内から探しますので、筋肉を分解して栄養とするのです。筋肉が細くなれば、当然基礎代謝も低下します。そうなると、ダイエットをするにはとても苦労することになります。効果的に痩せるなら、お米を食べて脳に常に栄養を蓄える必要があるわけです。

・有酸素運動

 脂肪が燃焼されるのは、運動を始めてから20分経ってからだと言われています。なので、最低でも20分以上の運動をしなければいけないということです。でも、運動には「無酸素運動」と「有酸素運動」があるのですが、どちらが脂肪を燃焼させるには効果的なのでしょうか?無酸素運動で代表的なものは「筋肉トレーニング」!その中でも腕立て伏せは、キツイ無酸素運動の代表的なものです。では、有酸素運動の代表的なものといえば、「ウォーキング」や「ジョギング」といた運動になります。この二つの運動にどのような違いがあるのかというと、「酸素」が関係します!無酸素運動は無呼吸で行う運動で、逆に有酸素運動は常に呼吸する運動になります。どちらが脂肪を燃焼させやすいかというと、断然有酸素運動!その理由は、血液中の脂肪に酸素が結合して分解されるからです。多くの酸素を取り込むことで、脂肪となる前に酸素と結合して燃焼させることから有酸素運動が効果的だと言われているのです。

・ダイエットスポーツは水泳

 ダイエットに効果的なスポーツは水泳だといわれています。しかも、太った人に効果的なのです。有酸素運動であるウォーキングやジョギングは確かにダイエットに効果的なのですが、太っている人にとっては足腰に負担がかかるためケガをしやすい運動でもあります。ウォーキングやジョギングをしている人って、街中で行っていますよね。硬いコンクリートの上でジョギングをした場合、足や腰の関節にかかる負担は相当なものになります。それがましてや太っていてそれほど筋肉がない人の場合どうでしょう?重い体重の負担が全て足腰にかかるのです。これにより炎症を起こし、終いには歩けなくなってしまう可能性もあるのです。そうなったらダイエットどころではなく逆効果!外に出なくなり、ますます不健康になってしまいます。
 しかhし、水泳ならその心配がありません。水の中なら浮力が働きますので、太っている人でも足や腰に負担をかける心配がないのです。だからケガをしにくい。それに水泳は全身運動!あらゆる体の筋肉を使うため、エネルギーの消費量もとても高い!それに、水の中にいると新陳代謝が働いて熱を放出しようとするので、その分のエネルギーも使うわけです。ケガの心配も無く筋肉もつけられ基礎代謝能力もあがり、さらに新陳代謝も活性化させることのできるまさにダイエットには理想的な運動なのです!!近くにスイミングスクールがあるなら、ダイエットのために通うことをお勧めします。

Favorite

カラオケのリース

Copyright (C) 2008 Dietの力. All Rights Reserved.