■BMI指数

 皆さんは「BMI指数」ってご存知ですか?体重指標というもので、自分のベスト体重を量ることができます。計算式は、下のようになります。

 自分の体重を計算式に当てはめて、計算してみましょう!どうですか?数値は出せましたか?このBMI指数、18.5未満が痩せ型、18.5〜25の場合が標準、25以上になると肥満と区別することができます。しかし、これは自分のベスト体重を算出するだけなので、体脂肪率までは計算できません。「体脂肪とは」のページで体脂肪の計算方法はご紹介しているので、忘れた方はチェックしましょう。体脂肪率は、体にどれだけの脂肪がついているのかを表している数値です。何が言いたいのかというと、BMI指数が標準だからといって体脂肪が少ないというわけではないのです。BMI指数が標準でも筋肉量が少なければ当然その分脂肪がついているということになりますので、BMI指数で標準だとしても安心はできません。

 では、このBMI指数は意味がないのでは?と思うかもしれませんが、このBMI指数を使って目標摂取カロリーを計算する方法があるのです。これは仕事量によって消費するカロリーが変わってきますので、一日の摂取カロリーを計算するのに適しています。細かく分けると事務職の場合25〜30kcal、営業などで外回りをする職業の場合30〜35kcal、肉体労働の場合は35〜40kcalとなり、この仕事別のカロイー量を「係数」といいます。この係数に標準体重をかけて計算を行います。

と、計算することができます。ちょっと一日のカロリー摂取量が少ないように感じますが、ダイエットで効果をあげるなら有効な手段だと思います。摂取カロリーを減らせば体重は徐々に落ちていきますし、加えて運動を行って筋肉をつければより効果的に体脂肪を落とすことができます。食べないダイエットは確かに体重は落ちますが体脂肪が落ちないので、返って逆効果。カロリー計算と適度な運動で効果的にダイエットを進めていくのが、理想のダイエットとなるのです。参考にして下さいね。

pickup

プラチナ買取 川崎
http://platinumkaitori.net/

Copyright (C) 2008 Dietの力. All Rights Reserved.